書籍の詳細

地面をたたく雨音は禍々しい足音を隠した。病室の獅子戸のもとに佐藤と鈴木、再び現る。だが、雨音に忍ぶ男がもう一人。待ち受けるは規格外のバウンサー、虎井清十郎。雷鳴轟く中、純粋な命の取り合いが始まる。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

バウンサーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • バウンサー
    主人公の獅子戸丈一郎は、正直すぎる性格が災いして、派遣仕事をクビになること実に26回!という強者級のダメ男。そんな彼が、夜の繁華街を守る民間警備会社「東京フィスト」と出会い、ホンモノの用心棒=“バウンサー”たちに揉まれ…いや叩き潰されながら、這い上がっていく様が熱く描かれる。作者は「OUT」を描き今や乗りに乗るみずたまこと先生。ストーリーも100%オリジナルだ。読めば獅子戸を激烈に応援したくなること間違いなし!! アウトロー系新HEROがここに爆誕!!! ぜひ!!!!
    投稿日:2015年08月28日