目の見えない人は世界をどう見ているのか

680円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

私たちは日々、五感――視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚――からたくさんの情報を得て生きている。中でも視覚は特権的な位置を占め、人間が外界から得る情報の8~9割は視覚に由来すると言われている。では、私たちが最も頼っている視覚という感覚を取り除いてみると、身体は、そして世界の捉え方はどうなるのか――? 視覚障害者との対話から、〈見る〉ことそのものを問い直す、新しい身体論。生物学者・福岡伸一氏推薦。

カゴに追加 680 円(税別)

私たちは日々、五感――視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚――からたくさんの情報を得て生きている。中でも視覚は特権的な位置を占め、人間が外界から得る情報の8~9割は視覚に由来すると言われている。では、私たちが最も頼っている視覚という感覚を取り除いてみると、身体は、そして世界の捉え方はどうなるのか――? 視覚障害者との対話から、〈見る〉ことそのものを問い直す、新しい身体論。生物学者・福岡伸一氏推薦。

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細
  • 書籍名: 目の見えない人は世界をどう見ているのか
  • 著者名: 伊藤亜紗
  • eBookJapan発売日: 2015年05月15日
  • 出版社: 光文社
  • 連載誌・レーベル: 光文社新書
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 2.3MB
  • 関連ジャンル: 専門書 科学光文社新書
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

スペシャルレビュー

〈見えない〉とは、脳の内部に新しい扉が開かれること

ふだんあまり意識することはないが、我々の生活は、そのかなりの部分を視覚に頼っている。あらゆるものごとが「目が見えること」を前提としているために、視覚障害者に対して「不自由さ」に同情することはあっても、彼らがどのように身のまわりの世界を認識しているか、ということまでは、なかなか想像が及ばないのではないだろうか。本書では、健常者とは異なる、「目の見えない人」たちの空間認識、感覚、体の動かし方、コミュニケーション方法などを、視覚障害者への取材を通して明らかにしている。また、違いを認識し、単に足りないものを補う援助を越えた、障害に対し新しい価値を見出す福祉のあり方を提案している。
書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。