響~小説家になる方法~ (3)

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

響が新人賞に投稿した小説は、それを読んだ審査員の人生観を変えてゆく。その圧倒的な才能に惚れ込んだ文芸編集者の花井は、編集部で、響とはじめて打ち合わせをする。響のことなら、なんでも知りたい花井。しかし天才少女は、自分の尺度と現実とのギャップを埋められず、発する言葉も行動も予測が不能。響の目にこの世の中は一体どう映っているのか。花井は響に当惑するほどに、響とは何かをますます知りたくなる。

無料立ち読み(26ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

響が新人賞に投稿した小説は、それを読んだ審査員の人生観を変えてゆく。その圧倒的な才能に惚れ込んだ文芸編集者の花井は、編集部で、響とはじめて打ち合わせをする。響のことなら、なんでも知りたい花井。しかし天才少女は、自分の尺度と現実とのギャップを埋められず、発する言葉も行動も予測が不能。響の目にこの世の中は一体どう映っているのか。花井は響に当惑するほどに、響とは何かをますます知りたくなる。

平均評価(4.0 レビューを見る
書籍の詳細

書店員のレビュー

マンガ大賞2017受賞おめでとうございます! タイトルを見て「どうせなるには的な内容か、高校生が小説家になるサクセスストーリーみたいなやつでしょ」そう思って読まず嫌いしていた自分を拳で5発ほどぶん殴りたい。これはそういうちんけな言葉にまとめられるような作品ではございません!
物語は響というの圧倒的な才能を持った高校生の少女が、新人賞に小説を投稿したところから始まります。文学界に閉塞感を感じている編集者に、書きたいことがなくなった作家。彼らは響の才能を前にして何を思うのか、そして響は文壇にどんな影響を与えるのか…。中でも才能はあるけど響ほどじゃなくて、努力してるけどそう思わせないリカ(響の友人であり文芸部部長で有名作家の娘)と響の対比が個人的に一番の見どころですね。破天荒で常識外れな行動を繰り返す響ですが、好きな作家に握手を求めるときは普通の女子高生っぽくミーハー心が見えてかわいらしいです。これは本当に読んでよかった…。読むきっかけを与えてくれたマンガ大賞にはもはや感謝しかありませんね。
  • 参考になった 7

ユーザーのレビュー

(2.0)

投稿日:2017年11月13日

チート主人公バトル漫画の文学版です。 ネタバレあり

7巻まで一気に読んだ感想です。
読んでいて、ん?と現実に引き戻されちゃうことがちょいちょい。
 
運動イマイチなんだね、と言われる少女の100m走タイムが16秒台とか。
(50m走の平均が9秒ほどですから、陸上部でもない限りまあまあ平均ですよね…)
本を読んで自分でも書く人が「手を出すな」といわれたから足を出した、というのを
屁理屈だと思ってやっているならともかく、そうではなさそうな感じとか…
言葉の表面(字面)だけを全部だと受け止めているような挙動をする子にしては
なんかおかしいのですよね。
コントロール抜群だとかね。
 
キャラクターを立たせようとしているだけに、
主人公の周りが円満なのはおかしいと感じることもあります。
いやそこまで人間できたやつばかりのキャラクターばっかじゃないだろ、と。
面白い設定のキャラクターがいたり、初期の見せ方がうまかったりするのに、
どことなく俺TUEEE系バトル漫画を彷彿とさせるのはそのせいかもしれません。
 
展開も、同じことの繰り返しなので、飽きます。
ようやく7巻にして別展開が来るかな?とも思ったのですが
まあ、結局は同じように終わるんだなと思ってしまうわけで。
今後は、完結してから、中途になっているもやもやを吹き飛ばすためだけに読むと思います。
シュールなギャグ漫画として読む分には全く。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。