大前研一ビジネスジャーナル No.4 「迫り来る危機をいかに乗り越えるか」

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

大前研一総監修ビジネスジャーナル第4弾。テーマは“迫り来る危機”。「2015年の経済リスク」と「日本のエネルギー戦略」の2本立てです。■特集テーマ:「迫り来る危機をいかに乗り越えるか」◇セミナー1:世界/日本経済に迫り来る危機セミナー1では、2014年の経済動向を俯瞰した上で、日本に起こりうる「デフォルト・ハイパーインフレ」を解説。「政府・企業・個人」のレベルで経済危機に対応する方法を提言。 ・株価が上がっても、日本の景気はよくならない ・イスラム国は「国家」なのか? ・アベノミクスが加速させる日本経済の危機 ・今の日本に、20世紀の経済学は通用しない ・経済理論ではなく「心理」が消費行動を決める ・デフォルト・ハイパーインフレの危機 ・税金を使わない景気浮揚策―容積率を倍に◇セミナー2:日本のエネルギー問題後半は、長期的展望が見えない日本のエネルギー戦略の問題点を指摘。原発への賛成/反対だけでは判断できない、安定した電力提供のための複合的エネルギーミックスを、エネルギー戦略の第一人者でもある大前氏が語ります。 ・3.11から4年。今、日本が採るべきエネルギー戦略とは? ・エネルギーバランスと再生可能エネルギーの問題点 ・太陽光・風力発電は「ベースロード電源」にはならない ・福島第一原発の事故原因については「物理的な解明」が不足している ・大前流「電力再編」案 ・エネルギー問題を解決する3つの選択肢新収録の大前氏ロングインタビューに加え、連載「イノベーションの現場」では、スタートアップ支援を続ける勝屋久氏に「社会・企業を変える個人のアクション」について聞きます。

カゴに追加 1000 円(税別)

大前研一総監修ビジネスジャーナル第4弾。テーマは“迫り来る危機”。「2015年の経済リスク」と「日本のエネルギー戦略」の2本立てです。■特集テーマ:「迫り来る危機をいかに乗り越えるか」◇セミナー1:世界/日本経済に迫り来る危機セミナー1では、2014年の経済動向を俯瞰した上で、日本に起こりうる「デフォルト・ハイパーインフレ」を解説。「政府・企業・個人」のレベルで経済危機に対応する方法を提言。 ・株価が上がっても、日本の景気はよくならない ・イスラム国は「国家」なのか? ・アベノミクスが加速させる日本経済の危機 ・今の日本に、20世紀の経済学は通用しない ・経済理論ではなく「心理」が消費行動を決める ・デフォルト・ハイパーインフレの危機 ・税金を使わない景気浮揚策―容積率を倍に◇セミナー2:日本のエネルギー問題後半は、長期的展望が見えない日本のエネルギー戦略の問題点を指摘。原発への賛成/反対だけでは判断できない、安定した電力提供のための複合的エネルギーミックスを、エネルギー戦略の第一人者でもある大前氏が語ります。 ・3.11から4年。今、日本が採るべきエネルギー戦略とは? ・エネルギーバランスと再生可能エネルギーの問題点 ・太陽光・風力発電は「ベースロード電源」にはならない ・福島第一原発の事故原因については「物理的な解明」が不足している ・大前流「電力再編」案 ・エネルギー問題を解決する3つの選択肢新収録の大前氏ロングインタビューに加え、連載「イノベーションの現場」では、スタートアップ支援を続ける勝屋久氏に「社会・企業を変える個人のアクション」について聞きます。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。