書籍の詳細

20歳になった優菜がさらなる成長を遂げてサービスのイロハを身につける! 手作り人形や魚拓など、貰い手がつきにくい作品を引き取ってもらうために作る特別な履歴書とは!? 動作に隠された潜在的なクセを見抜く方法とは!? そして、AIロボットのニックに人間らしい感情が宿る!? 認知症利用者から本物の娘と間違われてしまったニックは、本当のことを伝えるのか? それとも黙って娘の演技を続けるのか? 今、AIの真価が問われる!!

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

コンシェルジュ インペリアルのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 過酷な介護の現場を考えさせられる
    自分も認知症になった祖母を介護付き老人ホームでお世話になったので、介護職員の皆さんには足を向けて寝られない。
    あんなに大変な仕事なのに、国からの補助金は決まっているから給料も上がらないし、何かあるとすぐに家族からクレームが入るし、本当に大変な仕事だと思う。
    作中では介護支援ロボットが活躍していたりするが、実際に実現して、少しでも要介護高齢者・家族・介護職員みんなが安心して暮らせる時代が来て欲しい。
    作中でも、ロボットは出てくるものの、画期的な夢のような未来ではなく、現実的な介護問題を正面から描いている。考えさせられる一作
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月18日