書籍の詳細

福岡・博多の街――スカウトマンから成り上がり、あまねく夜の店に女性を派遣し、彼なくして博多のネオン街は立ちゆかないとも言われ、伝説とまで呼ばれた青年――藤崎拓哉。友愛と野望と成長の青春グラフィティ! 『黒服物語』の記憶も新しい黄金コンビ、倉科遼と実力派・成田マナブの完全新作! なんとなく過ごしてきた学校生活も終わりに向かい、進路に思い悩む拓哉たち。そこに思いがけぬ形で先輩がやって来た――。揺れる心と大きな野望、青年の成長を描いたサクセス・ストーリー。『女帝』から始まった倉科遼ネオンワールド最終章、満を持して登場!

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

夢王のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 無理矢理方言詰め込み過ぎ
    話自体は中々面白いかなと思ったけど、博多出身の私でさえ吹いてしまうレベルの方言の詰め込み感が半端なくて、内容が頭に入ってきづらかった。。。
    昔の人たちが話すレベルの方言の凄さに博多出身の私ですら読みづらくてしょうがない。今の博多エリアの人たちは、ここまでの方言は話しません。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月01日