「モジュール化」対「すり合わせ」―日本の産業構造のゆくえ

800円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

なぜ,ここまで日本のものづくりは崩壊してしまったのだろうか?日本は,スマートフォン(スマホ),液晶,半導体,太陽電池などでも,世界シェアを急激に低下させた。なぜ日本の競争力は急激に低下してしまったのか?その原因として,個別企業の競争戦略,経営者の経営判断とともに,「産業構造」の変化が大きく影響する。経営戦略,経営者の経営判断とともに,「産業構造」の変化が大きく影響する。「産業構造」とは,経済全体を構成する各種の産業の比重や仕組みや関係を意味する。つまり産業の外部環境であり,この外部環境とその変化に,あらゆる産業が影響を受ける。この産業構造の変化に対応できなければ淘汰される。日本はグローバルな産業構造の変化に対応できていないのではないか。このグローバルな産業構造の変化を,ビジネス・アーキテクチャの視点で分析することが目的である。この研究の意義は,ビジネス・アーキテクチャの概念を再定義し,その変化がグローバルな産業構造に与える影響を明らかにすることである。その最終的な目的はグローバルな産業構造に対応できる日本の産業構造への指針を与えることである。

カゴに追加 800 円(税別)

なぜ,ここまで日本のものづくりは崩壊してしまったのだろうか?日本は,スマートフォン(スマホ),液晶,半導体,太陽電池などでも,世界シェアを急激に低下させた。なぜ日本の競争力は急激に低下してしまったのか?その原因として,個別企業の競争戦略,経営者の経営判断とともに,「産業構造」の変化が大きく影響する。経営戦略,経営者の経営判断とともに,「産業構造」の変化が大きく影響する。「産業構造」とは,経済全体を構成する各種の産業の比重や仕組みや関係を意味する。つまり産業の外部環境であり,この外部環境とその変化に,あらゆる産業が影響を受ける。この産業構造の変化に対応できなければ淘汰される。日本はグローバルな産業構造の変化に対応できていないのではないか。このグローバルな産業構造の変化を,ビジネス・アーキテクチャの視点で分析することが目的である。この研究の意義は,ビジネス・アーキテクチャの概念を再定義し,その変化がグローバルな産業構造に与える影響を明らかにすることである。その最終的な目的はグローバルな産業構造に対応できる日本の産業構造への指針を与えることである。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 「モジュール化」対「すり合わせ」―日本の産業構造のゆくえ
  • 著者名: 中田行彦/安藤 晴彦/柴田友厚
  • eBookJapan発売日: 2015年04月24日
  • 出版社: BookWay
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 4.5MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 ビジネス
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。