書籍の詳細

頭に紙の袋をかぶって、眼の位置にある二つの穴から世界を覗いている生きものが袋おばけだ。町中に袋おばけがあふれている。サラリーマンも女子高生もヤンキーも・・・。もちろんPCの前に座り続ける主人公も。シュールで不条理劇のような世界が展開する寓話。

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

袋おばけのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    抽象的すぎて理解できませんでした
    一通り読み終わりましたが、内容が抽象的すぎて私には理解できませんでした。
    文章の内容から推測するに、現代における何らかの事柄についての警鐘のような事を書いているのだと思うのですが、全く付いていけませんでした。

    作者の頭の中では完成されているであろう理由付けが、抽象的であれ具体的であれ文章として表現されていないので理解できないのだと思います。
    目を引く作品なだけに残念でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年05月06日