書籍の詳細

私たちが生きる現実の世界とは別に、鏡の中にはもう一つの世界が存在していた。鏡の中の世界は争いもなく欲しいものはなんでも手に入る桃源郷であったが、平和な世界と引き換えに鏡の世界の住人は「感情」が欠如していた。そんな鏡の世界の住人たかしは、ある日現実の世界のたかしがいつも泣いていることに疑問を持ち始め、自分にはない「感情」に興味を持つようになる。母子家庭で育った現実世界のたかしは、生活が厳しいながらも自分を立派な大人に育てようとする母より、幼い頃より塾や習い事をするよう強いられていた。近代多く見られるようになった幼少期からの英才教育。それには親の子どもに対する深い愛情から成される教育からきているものがほとんどであるが、それは本当に子どものためなのか?「自分の子どもには立派な大人になって欲しい」という親の子どもに対する純粋な愛情が、まさか自分の子どもを狂わせることになるとは…。感情の力に魅入られた少年と自由が欲しかった少年の物語。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

鏡の世界のたかしくんのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    隣の芝は青い
    まさに隣の芝は青く見える。
    という事で、自分が持っていないものを持っていて羨ましい。
    でも、果たして自分がそれを手に入れたときに幸せだと思えるかは別問題だという事を暗に語っているかのようなお話でした。

    鏡の中のたかしくんは、入れ替わってこちらの世界に来て感情を知った時。
    どうしようもない絶望を味わうのではないでしょうか。
    例え戻りたいと思ったとしても「感情」というものを知っているたかしくんはYESとは言ってくれないでしょう。

    彼がそこから希望を見いだせる事を願うばかりです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年07月17日