書籍の詳細

セフレから始まって、恋人同士になった秀那(しゅうな)と林田(はやしだ)。そんなある日、秀那に大阪支社への転勤の辞令が出て……。ピアス跡だらけの『怪物』林田と、器用な恋しか知らない秀那。おげれつたなかが剥き出しにする、「好き」のその後の物語。林田が秀那と出会うよりずっと前、「かんちゃん」だった頃の恋が腐食していく日々を描いた『はだける怪物』前日譚「薊」(あざみ)を収録した特装版! 「薊」は2015年刊行の同人誌を復刻したもので、リバ表現があります。 ※こちらは[小冊子付特装版]です。小冊子収録のない[通常版]と本篇の内容は同じです。

総合評価
5.0 レビュー総数:3件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

はだける怪物のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    かんちゃんが病んでいく過程
    さすがおげれつ先生です。
    「錆びた夜でも恋は囁く」「ほどける怪物」のかんちゃんが主人公です。
    好きなのに、優しくしたいのに、DVをしてしまっていた
    苦しかった過去から開放されないでいるかんちゃん。
    ノンケなはずの攻めはいつの間にか
    かんちゃんにのめり込んでいきます。
    かんちゃんの過去が明らかにされていきますが
    とても病んでいて、感情の表現の仕方が結構リアルで
    もしかしたら苦手な方もいるかもです。
    攻めがかんちゃん過去の一場面に触れながら
    とても複雑に絡み合っていきます。エロはとてもエロくて
    満足です。早く下巻が読みたいです
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年12月08日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    真面目系な攻めが愛しい
    副キャラとの間に暴力的表現がありますが、それを乗り越えた後のメインCP同士の展開がより愛情ぶかく感じられるので、苦手でなければオススメしたい。特に真面目な攻めくんが必死なおせっせシーンがとてもかわいいです。
    • 参考になった 8
    投稿日:2015年10月14日
  • 忘れようとしていた感情
    言わない言葉、見せない感情が絡まり前半は痛々しい描写があり、苦手な人は避けた方が良いかも。でも、それを越えたら『恋愛ルビの正しいふりかた』も、読みたくなるはず。
    かんちゃんの、その後が、載ってます。
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年05月13日