書籍の詳細

エリート建築家の牧志青と二十歳の型枠工・大木浩太はラブラブ同棲中! そんな甘い日々の中、牧の果てない欲望はエスカレートするばかり! 浩太の社員旅行に同行し、とんでもないエロ作戦を計画。公衆風呂で…果ては宴会の後、酔った振りで…! 一方浩太は、ふざけてばかりの牧から、真剣で情熱的な求愛を待っていた。今夜こそ本気の志青を見せて…!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

Punch↑のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    <Act 6>と<蜜月>にウルっと来た!
    Punch↑は、みな、水も滴るイケメンたちによるギャグ満載の軽いタッチのお話がメインですが、シリーズ2作目の中ほどにある<Act 6>と<蜜月>は、いつものギャグが控えめで、ちょっぴりしっとりした素敵なエピソードでした。主人公の一人の大木浩太が少年時代にどのような家族のなかで育っていたのか、だれとどんな初恋をしたのか、それが現在の彼にどうつながっているのかなどに触れられています。登場人物に立体感をあたえ、Punch↑全体の流れにも、いいメリハリがついています。かなりウルっと来ました!
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年03月18日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    薄幸の未成年、型枠工の浩太くんがエリート建築家の牧さんと出会い、本当の幸せと自分の居場所を見つけていく話です。
    この作品の主人公たちは、他作品『P.B.B.』の方にも登場しており(1巻で牧さん、2巻で浩太くんが初登場)、また『P.B.B.』の方のカプも『Punch↑』の方に登場して話に絡んでいますので、両作品を読まれた方が、より楽しめると思います。
    それで、この『Punch↑』ですが、読むたびに「頑張ろう!」という気持ちになれる作品です。
    何しろ、真性ゲイの浩太くんは、幸せとは言えない家庭環境で育ち、学歴もなく、男を見る目もなく、文句なしのブルーカラー層に属する人間なのですが、ホワイトカラー層に属する牧さんと出会っても、決して相手に頼ったり依存したりしようとせず、自分を卑下することなく、常に対等な関係でいられるように頑張るのです。そんな一生懸命な姿が凄く可愛いです。
    ありのままの自分を認めて、そして頑張って生きている姿を見ると、元気をもらえます。
    紆余曲折、思いがけない事故などもありますが、最後には浩太くんの輝く笑顔が見られます。
    なお、コミックスの方では一段落したところで終わっていますが、一応のところ未完結作品で、読み切り短編が時々アンソロ雑誌に掲載されています。
    • 参考になった 9
    投稿日:2016年04月20日