男はなぜ悪女にひかれるのか 悪女学入門

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

複雑で魅力的なワル。誘惑する女、男を滅ぼす美しい「化け」物。だからこそ征服欲をそそるのか、それとも男の倒錯した変身願望か?ところが不思議、かつて「悪女」は「醜女」のことだった。いつから悪女は「危険な美女」になったのだろうか?文学、歴史から映画、レディコミまで自在に渉猟、オトコの願望とオンナの技の結晶=悪女を徹底解剖する!

無料立ち読み(24ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

複雑で魅力的なワル。誘惑する女、男を滅ぼす美しい「化け」物。だからこそ征服欲をそそるのか、それとも男の倒錯した変身願望か?ところが不思議、かつて「悪女」は「醜女」のことだった。いつから悪女は「危険な美女」になったのだろうか?文学、歴史から映画、レディコミまで自在に渉猟、オトコの願望とオンナの技の結晶=悪女を徹底解剖する!

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細
  • 書籍名: 男はなぜ悪女にひかれるのか 悪女学入門
  • 著者名: 堀江珠喜
  • eBookJapan発売日: 2004年10月08日
  • 出版社: 平凡社
  • 連載誌・レーベル: 平凡社新書
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 228ページ
  • 立読ページ数: 24ページ
  • ファイルサイズ: 8.6MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 教養・カルチャー平凡社新書
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

書店員のレビュー

とうとう無期限のツアー欠場を表明せざるをえなくなってしまったタイガー・ウッズの「愛人騒動」。どちらかといえば品行方正イメージの強かったウッズだけに、堰を切ったように表れた「愛人」たちには驚きました。それにしても「女」は強(こわ)い。著者(れっきとした女性学者です)は本書を〈「悪女」という日本語には、スパイシーな魅力がある〉と書きだしています。有名な「悪魔の辞典」でピアスは「魔女」を次のように定義しているそうです。〈(1)悪魔と邪悪な同盟を結んでいる嫌らしく醜い老婆、(2)邪悪さでは悪魔を超えた、美しく魅力的な若い女性〉。後者こそ、日本語の「悪女」に重なるイメージとしたうえで、男たちはどうして「悪女」に魅せられていくのか、をテーマに古今の文学、映画、漫画などを幅広く、かつ詳細に分析しています。副題には「悪女学入門」とあります。なんでも19世紀パリの高級娼婦で後世に名を残した女性にはどちらかといえば伝統的美形は少なかったそうです。なぜか? そしていま、レディースコミックの世界では「悪女志願」現象がみられるという。女性以上に、男にこそ読んでもらいたい1冊です。(2009/12/18)
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。