ランド (1)

800円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

~その村では人は必ず50歳で死を迎える~。村人を縛るしきたり、「あの世」と呼ばれる山の向こう。双子の姉を生け贄に捧げられた少女・杏。獣の皮をかぶった役人達が取り仕切る「この世」と呼ばれる村で神に見守られて暮らす人々。そして、不思議な山の民。杏が見つめる先には希望も絶望もある。この物語で描くのは、山下和美が抱く、日本という国への不安。

無料立ち読み(33ページ)

カゴに追加 800 円(税別)

~その村では人は必ず50歳で死を迎える~。村人を縛るしきたり、「あの世」と呼ばれる山の向こう。双子の姉を生け贄に捧げられた少女・杏。獣の皮をかぶった役人達が取り仕切る「この世」と呼ばれる村で神に見守られて暮らす人々。そして、不思議な山の民。杏が見つめる先には希望も絶望もある。この物語で描くのは、山下和美が抱く、日本という国への不安。

  • 紙と同時
平均評価(4.0 レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧5冊の書籍

1~5件/5件 を表示

  • 1
  • 1

ユーザーのレビュー

(4.0)

投稿日:2017年09月30日

果たして「ランド」は恐怖の未来像か、未来への希望か?

序盤は、戦国時代あたり?(歴史音痴なので違っていたら失礼)の生活レベルの過疎の山の麓の村、典型的なムラ社会における双子姉妹の葛藤と成長物語かと思ったんですよ。
双子の片割れは忌み子として山奥に捨てられるとか、典型的ですよね。
もちろん、その舞台に置いても集団心理の暴走とか人間の差別意識とか排他性も問題提起されているんですが。
少女らを中心とする視点と絵や村の生活の静謐さで、この山村自体について、世界観自体についてあまり疑問を感じることなく読み進んでしまいますが。どうもそれだけではなく、これはもっともっとスケールの大きな話らしい。
村の四方を囲む四つ神様という存在の謎、なぜ、村の外、山の向こうには行ってはいけないのか。なぜ、夜外出してはいけないのか、なぜ四つ神様は生贄と引き替えに災いを遠ざけるのか。本当に神なのか?なぜすべての村人は、知命(何事もなく五十歳を迎えること)になると自動的に死んだことになり祝いと葬儀をして山の向こうに捧げられて放逐されるのか、彼らはその後どうなるのか。少女と共に、疑問を解き明かしながら読み進めていく体験がスリリング。
少しずつ、少しずつ種明かしされて、世界観の全貌が見えはじめると戦慄します。
この世界はそう遠くない未来の私達の社会かもしれない。
天才柳沢教授の生活も好きだったんですが。巧いな~、て思いました。まだ五巻ですが、久しぶりに凄いものを読んでしまった。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。