【徐放技術の医療応用】 6.予防 2)drug徐放化による免疫細胞活性化とワクチン効果の増強

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】マクロファージ(Mφ)など免疫エフェクター細胞を活性化することにより,がんあるいは感染症に対する免疫化学療法が行われている。しかしながら,Mφを活性化するdrug自身の生体内不安定性とその細胞親和性の低さから,有効な免疫エフェクター細胞の活性化は必ずしも期待できない。その解決法の1つとして,Mφに取り込まれやすい高分子材料を利用したdrugのMφへのターゲティングと細胞内でのdrug徐放化に伴うMφの抗がん活性化について紹介する。また抗原をdrugと考えれば,それを徐放することでワクチン効果を増強させることもできる。本稿では,徐放化DDS技術を用いた免疫細胞活性化とワクチン効果の増強について述べる。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】マクロファージ(Mφ)など免疫エフェクター細胞を活性化することにより,がんあるいは感染症に対する免疫化学療法が行われている。しかしながら,Mφを活性化するdrug自身の生体内不安定性とその細胞親和性の低さから,有効な免疫エフェクター細胞の活性化は必ずしも期待できない。その解決法の1つとして,Mφに取り込まれやすい高分子材料を利用したdrugのMφへのターゲティングと細胞内でのdrug徐放化に伴うMφの抗がん活性化について紹介する。また抗原をdrugと考えれば,それを徐放することでワクチン効果を増強させることもできる。本稿では,徐放化DDS技術を用いた免疫細胞活性化とワクチン効果の増強について述べる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧57冊の書籍

1~50件/57件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。