【癌治療この10年(2004~2014年),そして未来への展望】 放射線領域 粒子線治療の現状と将来

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 10年前,2004年にはわが国にはすでに病院設置型の陽子線治療施設が複数存在し,さらに世界初の医療専用重粒子線治療用加速器(HIMAC)を用いた重粒子線治療が10周年を迎えた年である.その後,徐々にではあるが装置の小型化も進み国内外で施設数が増加して,着実に普及の道を歩んでいる.この流れには国内既存施設の貢献が大であり,がん治療の一翼を担う治療法として市民権を得つつあることは歓迎するべきであるが,一方この流れを止めないためにも物理面,臨床面両方でさらなる研究の推進,普及への努力が必要である.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 10年前,2004年にはわが国にはすでに病院設置型の陽子線治療施設が複数存在し,さらに世界初の医療専用重粒子線治療用加速器(HIMAC)を用いた重粒子線治療が10周年を迎えた年である.その後,徐々にではあるが装置の小型化も進み国内外で施設数が増加して,着実に普及の道を歩んでいる.この流れには国内既存施設の貢献が大であり,がん治療の一翼を担う治療法として市民権を得つつあることは歓迎するべきであるが,一方この流れを止めないためにも物理面,臨床面両方でさらなる研究の推進,普及への努力が必要である.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧9冊の書籍

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。