診断と治療のTopics ゲイ・バイセクシュアル男性のHIV感染リスク行動と関連する心理・社会的要因 全国インターネット調査の結果から

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】わが国のHIV感染の流行の主流は男性同性間における感染である現在、ゲイ・バイセクシュアル男性のHIV感染リスク行動やその背景要因として学齢期の出来事、さらには異性愛社会における心理的葛藤や抑うつなどのメンタルヘルスといった心理・社会的要因について理解をしたうえで、健康支援策を立案・実施する必要がある。同集団は学齢期のいじめ被害率、性被害率、自殺未遂率が高率であり、ゲイ・バイセクシュアル男性に特有のライフイベントは思春期・青年期に集中して発生している。しかしながらその一方で、この時期にセクシュアリティや男性同性間のHIV予防に関する情報提供はほぼなされていない。同集団のコンドーム使用の阻害要因には多くの心理・社会的要因が深く影響していることもわかっており、現状に適した支援が必要である。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】わが国のHIV感染の流行の主流は男性同性間における感染である現在、ゲイ・バイセクシュアル男性のHIV感染リスク行動やその背景要因として学齢期の出来事、さらには異性愛社会における心理的葛藤や抑うつなどのメンタルヘルスといった心理・社会的要因について理解をしたうえで、健康支援策を立案・実施する必要がある。同集団は学齢期のいじめ被害率、性被害率、自殺未遂率が高率であり、ゲイ・バイセクシュアル男性に特有のライフイベントは思春期・青年期に集中して発生している。しかしながらその一方で、この時期にセクシュアリティや男性同性間のHIV予防に関する情報提供はほぼなされていない。同集団のコンドーム使用の阻害要因には多くの心理・社会的要因が深く影響していることもわかっており、現状に適した支援が必要である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧11冊の書籍

1~11件/11件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。