【口腔アレルギー】 口腔アレルギー症候群の抗原解析

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年の抗原解析の進歩により、花粉やラテックスと果物や野菜などの植物性食物とのあいだの交差反応性に基づく食物アレルギーの実態が明らかにされてきている。花粉抗原が関与する場合はpollen-food allergy syndrome(PFAS)と呼ばれ、その主要抗原はBet v 1(PR-10ファミリー)、Bet v 2(プロフィリン)である。Latex-fruit syndrome(LFS)の場合はClass 1 chitinaseであり、ラテックスアレルギー患者はクリやバナナ、アボカドにより症状が誘発される。PFASやLFSを引き起こす抗原は、植物の進化の過程で保存され、多種類の植物の細胞に共通して含まれるような酵素や結合性蛋白質であるため幅広い食物により症状が誘発されることが可能となる。これらの食物アレルギーに対する検査法としては、アレルゲンコンポーネントを用いたComponent Resolved Diagnostics;CRDが開発されており、交差反応性抗原を明らかにすることができる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年の抗原解析の進歩により、花粉やラテックスと果物や野菜などの植物性食物とのあいだの交差反応性に基づく食物アレルギーの実態が明らかにされてきている。花粉抗原が関与する場合はpollen-food allergy syndrome(PFAS)と呼ばれ、その主要抗原はBet v 1(PR-10ファミリー)、Bet v 2(プロフィリン)である。Latex-fruit syndrome(LFS)の場合はClass 1 chitinaseであり、ラテックスアレルギー患者はクリやバナナ、アボカドにより症状が誘発される。PFASやLFSを引き起こす抗原は、植物の進化の過程で保存され、多種類の植物の細胞に共通して含まれるような酵素や結合性蛋白質であるため幅広い食物により症状が誘発されることが可能となる。これらの食物アレルギーに対する検査法としては、アレルゲンコンポーネントを用いたComponent Resolved Diagnostics;CRDが開発されており、交差反応性抗原を明らかにすることができる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧11冊の書籍

1~11件/11件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。