専門医に求められる最新の知識 脳血管障害 被殻出血に対する内視鏡下血腫除去術

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】被殻出血に対する内視鏡下血腫除去術はほぼ確立された手術と言える。手術方法に関しては施設間で若干の違いがあるものの、安全で正確な手術を行う点において違いはない。内視鏡操作はある程度の経験が必要で、安全に手術を行うためには、日本神経内視鏡学会主催のハンズオンセミナーに参加し技術を習得することが重要となる。内視鏡下血腫除去術をマスターするには、症例数も多い被殻出血が最初に行うべき手術部位となる。そのため、多くの施設において安全に行える手術方法が望ましいと考えられる。当施設ではFreehand Techniqueを考案し、術者のストレスを軽減させるためいくつかの工夫も行い、より簡易な手術方法を確立している。また、手術は局所麻酔で行え、直視下に出血部位を止血できることからドレナージは不要となることが多く、術後早期から離床が促せ、機能予後の改善に期待が持てる方法と言える。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】被殻出血に対する内視鏡下血腫除去術はほぼ確立された手術と言える。手術方法に関しては施設間で若干の違いがあるものの、安全で正確な手術を行う点において違いはない。内視鏡操作はある程度の経験が必要で、安全に手術を行うためには、日本神経内視鏡学会主催のハンズオンセミナーに参加し技術を習得することが重要となる。内視鏡下血腫除去術をマスターするには、症例数も多い被殻出血が最初に行うべき手術部位となる。そのため、多くの施設において安全に行える手術方法が望ましいと考えられる。当施設ではFreehand Techniqueを考案し、術者のストレスを軽減させるためいくつかの工夫も行い、より簡易な手術方法を確立している。また、手術は局所麻酔で行え、直視下に出血部位を止血できることからドレナージは不要となることが多く、術後早期から離床が促せ、機能予後の改善に期待が持てる方法と言える。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。