NST回診日誌(第52回) 「平成26年度診療報酬改定 胃瘻からの栄養療法の役割とは」

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】患者自身にも介護者にも優しい栄養管理 今回も胃瘻造設術を取り上げます。近年摂食・嚥下障害傾向が明らかで、体重減少の著明な患者で、退院後に短期間で誤嚥性肺炎を発症、再入院した場合の栄養管理についてでした。これまでは診療報酬改定後の話のなかでしたが、今回はいよいよ症例に胃瘻が造設されます。 前回、このような栄養不良で今後の改善もすぐにはむずかしいと予測される患者では、入院直前まで十分な栄養状態であった人とは栄養管理に対する姿勢を変えなければならないことを述べました。誰の目に見ても栄養状態不良であれば、入院加療中にわずかの期間でも投与熱量が予測必要熱量に達しないことは、予後に大きく影響するであろうと予想されます。そして、仮に入院治療後に回復しても、いずれ同じような病状で再入院の確率が高いと思われる患者を、これまでと同じような手法で在宅療養させてはなりません。問題を先送りさせるだけでは、今後の選択肢はさらに減ってしまいます。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】患者自身にも介護者にも優しい栄養管理 今回も胃瘻造設術を取り上げます。近年摂食・嚥下障害傾向が明らかで、体重減少の著明な患者で、退院後に短期間で誤嚥性肺炎を発症、再入院した場合の栄養管理についてでした。これまでは診療報酬改定後の話のなかでしたが、今回はいよいよ症例に胃瘻が造設されます。 前回、このような栄養不良で今後の改善もすぐにはむずかしいと予測される患者では、入院直前まで十分な栄養状態であった人とは栄養管理に対する姿勢を変えなければならないことを述べました。誰の目に見ても栄養状態不良であれば、入院加療中にわずかの期間でも投与熱量が予測必要熱量に達しないことは、予後に大きく影響するであろうと予想されます。そして、仮に入院治療後に回復しても、いずれ同じような病状で再入院の確率が高いと思われる患者を、これまでと同じような手法で在宅療養させてはなりません。問題を先送りさせるだけでは、今後の選択肢はさらに減ってしまいます。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧17冊の書籍

1~17件/17件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。