Dr.高山と考える 在宅ケアと感染対策(第6回) 急性胃腸炎

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 今回は,特に感染力が強い急性胃腸炎について解説します. 急性胃腸炎を引き起こす病原体のうち,特に問題になるのはノロウイルスではないかと思います.ヒトへの感染力が強いため,しばしば地域でアウトブレイクを引き起こします.通常は2日か3日で軽快しますが,感染後約2週間は便からウイルスを排出しているといわれます(図1).免疫効果について6ヵ月後には著しく低下し,2年後には完全に消失するとされます1).健康な人にとっては,水分を摂取しながら「寝ていれば治る病気」ですが,高齢者では,脱水が進んで多臓器不全を来したり,吐瀉物を喉に詰まらせて窒息したりすることがあるので注意が必要です.また,高齢者では誤嚥性肺炎を続発することもあり,下痢がおさまってからも見守りが必要となります. この悩ましい感染症について,在宅ケアでの対策について,どこまでできるか考えてみましょう.

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 今回は,特に感染力が強い急性胃腸炎について解説します. 急性胃腸炎を引き起こす病原体のうち,特に問題になるのはノロウイルスではないかと思います.ヒトへの感染力が強いため,しばしば地域でアウトブレイクを引き起こします.通常は2日か3日で軽快しますが,感染後約2週間は便からウイルスを排出しているといわれます(図1).免疫効果について6ヵ月後には著しく低下し,2年後には完全に消失するとされます1).健康な人にとっては,水分を摂取しながら「寝ていれば治る病気」ですが,高齢者では,脱水が進んで多臓器不全を来したり,吐瀉物を喉に詰まらせて窒息したりすることがあるので注意が必要です.また,高齢者では誤嚥性肺炎を続発することもあり,下痢がおさまってからも見守りが必要となります. この悩ましい感染症について,在宅ケアでの対策について,どこまでできるか考えてみましょう.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

無料キャンペーン実施中!

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。