地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会II 第21回 〈鹿児島県看護協会〉医療機関と介護・福祉施設・在宅領域との連携強化をめざして

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】看護師職能委員会IIの立ち上げ 鹿児島県看護協会は2013年に看護師職能委員会II(以下:職能II)の立ち上げを行いました。 メンバーは6人(病院2人・特別養護老人ホーム2人・訪問看護ステーション1人・居宅介護支援事業所1人)で構成されています。 主な活動内容は、定例会の開催、研修会の企画、看護の実態調査、情報提供や広報活動などです。 定例会は月1回で、看護師職能委員会I(病院領域)と同日に行い、前半は合同開催で、後半はそれぞれに分かれて検討会を行い、病院領域と介護・福祉関係施設・在宅等領域の情報交換や連携をはかっています。 2013年度は、介護・福祉関係施設・在宅等領域で働く看護職のネットワークの構築、現場の課題抽出を目標に研修会の企画や訪問看護ステーションの実態調査を行いました。

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】看護師職能委員会IIの立ち上げ 鹿児島県看護協会は2013年に看護師職能委員会II(以下:職能II)の立ち上げを行いました。 メンバーは6人(病院2人・特別養護老人ホーム2人・訪問看護ステーション1人・居宅介護支援事業所1人)で構成されています。 主な活動内容は、定例会の開催、研修会の企画、看護の実態調査、情報提供や広報活動などです。 定例会は月1回で、看護師職能委員会I(病院領域)と同日に行い、前半は合同開催で、後半はそれぞれに分かれて検討会を行い、病院領域と介護・福祉関係施設・在宅等領域の情報交換や連携をはかっています。 2013年度は、介護・福祉関係施設・在宅等領域で働く看護職のネットワークの構築、現場の課題抽出を目標に研修会の企画や訪問看護ステーションの実態調査を行いました。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧10冊の書籍

1~10件/10件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。