女性の不調は漢方でスッキリ! (1) [基本知識と食養生]

398円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

女性特有の症状を漢方と西洋医学の両方から解説おすすめの漢方の処方、養生、そして食養生を紹介します第1巻は「漢方の基礎知識と食養生」について。具体的な病気ではないけれど、不快な症状に悩んでいる。漢方では、その状態を「未病」と言い、病気になる前の重要なサインと捉えて、この段階から治療を始めます。女性は生理周期や、自律神経系など小さな不調をおこしやすく、こうした症状に漢方が向いています。本書は女性の不調を解消し、より健やかな生活を送れるように、漢方の考え方を紹介し、医療機関での漢方を用いた治療、漢方薬、また食事法などを解説します。▼目次漢方は女性に向いている?・健診で異常なし。でも、その自覚症状が漢方では重要です・西洋医学と漢方医学の違い・漢方医学と中医学の違い・変化する7年ごとの女性のサイクル・気、血、水の働き・気の働き・血の働き・水の働き・五臓六腑の働き・漢方の診察・診断の流れ・漢方薬の飲み方・漢方のお医者さんを探すいつ、何を、どう食べる?・四季と食養生・春・夏・秋・冬・食養生とは?・消化は健康の土台です・最初の一口は、とくによく噛む・食事中は水分のとりすぎに注意・甘いものを控えましょう・砂糖は水を引っ張る?・体を温める食べ方、飲み方・献立の考え方・改善方法※本著は2013年12月発行の『女子漢方』(法研)を分冊、電子書籍化したものです。

カゴに追加 398 円(税別)

女性特有の症状を漢方と西洋医学の両方から解説おすすめの漢方の処方、養生、そして食養生を紹介します第1巻は「漢方の基礎知識と食養生」について。具体的な病気ではないけれど、不快な症状に悩んでいる。漢方では、その状態を「未病」と言い、病気になる前の重要なサインと捉えて、この段階から治療を始めます。女性は生理周期や、自律神経系など小さな不調をおこしやすく、こうした症状に漢方が向いています。本書は女性の不調を解消し、より健やかな生活を送れるように、漢方の考え方を紹介し、医療機関での漢方を用いた治療、漢方薬、また食事法などを解説します。▼目次漢方は女性に向いている?・健診で異常なし。でも、その自覚症状が漢方では重要です・西洋医学と漢方医学の違い・漢方医学と中医学の違い・変化する7年ごとの女性のサイクル・気、血、水の働き・気の働き・血の働き・水の働き・五臓六腑の働き・漢方の診察・診断の流れ・漢方薬の飲み方・漢方のお医者さんを探すいつ、何を、どう食べる?・四季と食養生・春・夏・秋・冬・食養生とは?・消化は健康の土台です・最初の一口は、とくによく噛む・食事中は水分のとりすぎに注意・甘いものを控えましょう・砂糖は水を引っ張る?・体を温める食べ方、飲み方・献立の考え方・改善方法※本著は2013年12月発行の『女子漢方』(法研)を分冊、電子書籍化したものです。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。