人類の選択のとき 下 地球温暖化と海面の上昇 生命圏の崩壊はすでに始まっている

パイロットだった著者は、飛行中に夜空を眺めた時間が多くあったことが幸せだったという。孤独な静寂の中で、人間がこの小さい地球という星でこれからも生きていくためには、何を大切にしなければいけないのかを深く思索した。その結晶がこの本になったのである。●第五章・世界資源の関連●第六章・希望への道―若人による累進税の党●第七章・貧富の差は諸悪の根源●第八章・命は連帯している●第九章・私の宇宙観●付記●あとがき

カゴに追加 0 円(税別)

パイロットだった著者は、飛行中に夜空を眺めた時間が多くあったことが幸せだったという。孤独な静寂の中で、人間がこの小さい地球という星でこれからも生きていくためには、何を大切にしなければいけないのかを深く思索した。その結晶がこの本になったのである。●第五章・世界資源の関連●第六章・希望への道―若人による累進税の党●第七章・貧富の差は諸悪の根源●第八章・命は連帯している●第九章・私の宇宙観●付記●あとがき

  • 無料あり
レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。