書籍の詳細

孤独な高校生活を送る棗田 陽(なつめだ・あたる)は、才色兼備の姉・つきみに対し、劣等感を抱いていた。ある日、姉のことで不良たちにからまれるが、何も言えずただ黙るだけの陽……。それを見ていたクラスメイト・韮崎(にらさき)は、なぜ、彼らに「死ね」と言わなかったのかと問い、願い事が叶うという[願解石]を陽に授ける……。不思議な石[願解石]が誘う漆黒のゴーストホラー開幕!!

総合評価
1.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

嗤う石のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    キャラも話も全てがブレブレの駄作
    キャラも話もぶれまくってますが、一番ぶれてるのは意味深な女の子韮崎です。
    主人公に願解石を何の説明もなく渡し、主人公にいじめっこを殺す願いをするように仕向けて殺させる。
    翌日、クラスメイト含める生徒数十人が死ぬ願いをするよう仕向けて殺させる。
    主人公姉の過去も主人公が願うよう仕向けて暴露し、姉を化け物に変える。
    もう願いを3つしたから元に戻せない。
    と、ここで段々キャラブレが激しくなり始めます。
    実は主人公に願解石を渡したのは姉に頼まれたから。
    →だったら何故最初に説明だけでもしなかったのか。
    主人公に化け物になっても姉は姉だ。何で姉弟仲良く出来ないの!と説教。
    →姉が化け物になったのはお前のせい。
    実は主人公に渡した石は偽物でした。願い事したから主人公死ぬよ宣言。
    →だったら何故説明…(略
    主人公死ぬけど、助かる方法知りません
    →だったら何故(略
    この辺りからストーリーもブレに加速をかけ始めます。
    ギャグやデフォルメが随所に挟まれ始め、1話のシリアスな雰囲気は霧散。
    願解石のせいで妖が見え始めましたー。
    能力者バンバン出しますー。
    能力者は記憶がない上に自分で自分の記憶を見れないので主人公見てね。
    ついでに話として面白くないから、母親しか知らないはずの記憶も見せちゃうよ。
    小さい子が亡くなるなんて悲しいね。
    最後に作者は第1章を6話でまとめた短編になるはずだったと暴露。
    読者に短編だったのを無理やり長編にしたから、辻褄合わないのは目を瞑ってね。
    とでも言いたいのでしょうが、読み切りから連載になって名作になった作品(ジャンプだとワンピース、ネウロ、ナルト、デスノート等)は多数あるわけですから、力量不足を自分で暴露して読者に媚売っただけでした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年05月13日