薔薇色の明日 【小さなキューピッド III】

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

吹雪の日、小さな赤ん坊が捨てられた瞬間に、二人をつなぐ運命の歯車が動きだした! ■その日は記録的な吹雪だった。開発を手がけている超高速列車の線路を点検に訪れたゼインは、そこで、生まれたばかりの赤ん坊を見つけた。捨て子だ! ゼインはその赤ん坊を抱き、必死で病院に駆けつけた。幼いころ溺死した双子の弟の面影が脳裏をよぎるのを感じながら。この子は絶対に死なせはしない! 運びこまれた病院の心やさしい看護婦メグの看病のかいもあり、幸いにして赤ん坊は一命を取りとめた。ゼインはその赤ん坊に弟の名をつけ、自ら里親になる決心をする。だが、里親になるためには、妻を持ち、家庭を築かなければならない。妻候補としてゼインの頭に真っ先に浮かんだのは、メグだった。メグも赤ん坊に並々ならぬ愛情をそそいでいた。彼女ならきっと……。それとも、あまりにも突拍子もない話だと笑い飛ばされるだろうか?

カゴに追加 500 円(税別)

吹雪の日、小さな赤ん坊が捨てられた瞬間に、二人をつなぐ運命の歯車が動きだした! ■その日は記録的な吹雪だった。開発を手がけている超高速列車の線路を点検に訪れたゼインは、そこで、生まれたばかりの赤ん坊を見つけた。捨て子だ! ゼインはその赤ん坊を抱き、必死で病院に駆けつけた。幼いころ溺死した双子の弟の面影が脳裏をよぎるのを感じながら。この子は絶対に死なせはしない! 運びこまれた病院の心やさしい看護婦メグの看病のかいもあり、幸いにして赤ん坊は一命を取りとめた。ゼインはその赤ん坊に弟の名をつけ、自ら里親になる決心をする。だが、里親になるためには、妻を持ち、家庭を築かなければならない。妻候補としてゼインの頭に真っ先に浮かんだのは、メグだった。メグも赤ん坊に並々ならぬ愛情をそそいでいた。彼女ならきっと……。それとも、あまりにも突拍子もない話だと笑い飛ばされるだろうか?

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。