書籍の詳細

考える力・創造する力がグングン伸びる。人生がもっとワクワクしてくる。基礎の基礎から役立つ話、驚く話、美しい話まで。楽しみながら学ぶ、数と論理の世界。数学は、英語や日本語では表すことができないくらい、シンプルに正確にそして本質的に、物事を表現するために作られた言葉です。だから数学がわかれば、これまで見えなかったことが見えるようになり、言えなかったことが言えるようになり、考えたこともなかったことが考えられるようになります。本書では、世界的に有名な物理学者である著者が、高校生になる娘に語りかけるかたちをとりながら、驚きと感動に満ちた数学の世界を道案内します。イラスト多数。第1話 不確実な情報から判断する第2話 基本原理に立ち戻ってみる第3話 大きな数だって怖くない第4話 素数はふしぎ第5話 無限世界と不完全性定理第6話 宇宙のかたちを測る第7話 微積は積分から第8話 本当にあった「空想の数」第9話「難しさ」「美しさ」を測る

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 君が幸せに生きていくための魔法の言葉を教えよう
    「数学」というと、とくにいわゆる“文系”の教育を修めてきた人には苦手意識があり、実社会とは遊離した学問と思われることが多い。しかし本書で著書は、数学を英語や日本語のような「言葉」の一つとする。世界を理解し、考え方を育み、物事を表現する手段の一つが数学だという。日本語や英語と違うのは、正確に物事を表わし、基本原理を明らかにする点。本書は、そんな「言葉」としての数学の原理、考え方について、父親が娘に説いて聞かせる形式で、現実の社会で起こっていることにあてはめながらわかりやすく解説。古代バビロニアやギリシアの時代から発展してきた歴史にも触れながら、数学の世界を一望できるガイドブックとなっている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年06月26日