AIの衝撃 人工知能は人類の敵か

小林雅一

講談社/文芸

ジャンル:趣味・実用

650円 (税別)

7ポイント獲得(1%)

  • カゴに追加

eBookJapan発売日:2015年03月20日

ユーザー評価なし レビューを見る
ユーザー評価なし レビューを見る

AIの衝撃 人工知能は人類の敵かの内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

AIの衝撃 人工知能は人類の敵かの詳細

スペシャルレビュー

一覧を見る

「自ら学ぶ力」を身につけたAIは人間社会をどう変えるのか

「ルンバ」などのお掃除ロボット、スマートフォンに搭載された音声認識機能、あるいはグーグルなどが開発を進める自動運転車など、AI(人工知能)を搭載した機器は、私たちの生活にますます身近なものとなっている。今後、AI、またそれを搭載した次世代ロボットの開発は加速する一方だろう。本書は、AIの現状とこれまでの開発の経緯、最新AIの仕組み、グーグルなどAIの開発に積極的なIT企業が何を狙っているのか、そしてAIが人間の知能を超える時、人類との関係はどのようになっていくのか、といったテーマを詳細に追っている。
書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。