ひまめ

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

フリーライターのひまめと小説家を目指すぼくは、ふとした縁で知り合い、風変わりで呑気な共同生活をはじめます。「ひもづる」(ヒモで芋づるのこと)と呼ばれながらも、ぼくは底抜けに天真爛漫なひまめとの生活に、それまで知らなかった「ぼくらサイズのしあわせ」を感じていました。それは、ポケットに入れて持ち歩く笑い袋のようなものでした。ふたりの目に映る社会の様々なことがらを通して、ぼくらは驚き、嘆き、時に憤慨しながらも、小さなしあわせを口笛を吹くように軽やかに満喫していました。 一年半が過ぎた頃、ぼくは「ひもづる」である自分に劣等感を感じるようになりました。そして、ひまめの反対を制して就職することにしたのです。職場で起こした人身事故を通して知り合った被害者宅のおじいちゃんに人の情を感じる一方、上司の陰湿ないじめを受けます。やがてぼくとひまめの生活はすれ違いになり、会話も事務的なものとなってすさんでいきました。そんな中、ぼくの実家の材木店が倒産し、ぼくが保証人になっていた町金融の取り立てが執拗に始まります。ぼくは、ひまめに迷惑をかけることを恐れ、ひまめに黙って東京に出奔します。 ひまめと暮らした、ちっちゃなしあわせに満ちた日々、そしてそれを取り戻す時間のなかで、ぼくはひまめが与えたものの大きさを知ります。

カゴに追加 500 円(税別)

フリーライターのひまめと小説家を目指すぼくは、ふとした縁で知り合い、風変わりで呑気な共同生活をはじめます。「ひもづる」(ヒモで芋づるのこと)と呼ばれながらも、ぼくは底抜けに天真爛漫なひまめとの生活に、それまで知らなかった「ぼくらサイズのしあわせ」を感じていました。それは、ポケットに入れて持ち歩く笑い袋のようなものでした。ふたりの目に映る社会の様々なことがらを通して、ぼくらは驚き、嘆き、時に憤慨しながらも、小さなしあわせを口笛を吹くように軽やかに満喫していました。 一年半が過ぎた頃、ぼくは「ひもづる」である自分に劣等感を感じるようになりました。そして、ひまめの反対を制して就職することにしたのです。職場で起こした人身事故を通して知り合った被害者宅のおじいちゃんに人の情を感じる一方、上司の陰湿ないじめを受けます。やがてぼくとひまめの生活はすれ違いになり、会話も事務的なものとなってすさんでいきました。そんな中、ぼくの実家の材木店が倒産し、ぼくが保証人になっていた町金融の取り立てが執拗に始まります。ぼくは、ひまめに迷惑をかけることを恐れ、ひまめに黙って東京に出奔します。 ひまめと暮らした、ちっちゃなしあわせに満ちた日々、そしてそれを取り戻す時間のなかで、ぼくはひまめが与えたものの大きさを知ります。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: ひまめ
  • 著者名: 著:夏目椰子
  • eBookJapan発売日: 2015年03月20日
  • 出版社: BCCKS Distribution
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 1.3MB
  • 関連ジャンル: 小説・文芸
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。