専門医に求められる最新の知識 脳血管障害 くも膜下出血におけるアドレノメデュリンの存在意義

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】アドレノメデュリン(AM)は、全身の血管内皮、血管平滑筋、臓器に存在する生理活性ペプチドである。本稿では、脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血(SAH)とAM、SAH後の脳血管攣縮期に関連した低Na血症とAM、脳血管攣縮期の食欲低下とAMの関連性について記述した。さらに多くの動物実験、臨床研究を行うことによってSAHの病態とAMとの関連性を把握する必要がある。現時点では、SAHにおけるAMの存在意義として、”脳血管攣縮期の髄液AM濃度高値は、症候性脳血管攣縮の予測因子”とわれわれは考えている。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】アドレノメデュリン(AM)は、全身の血管内皮、血管平滑筋、臓器に存在する生理活性ペプチドである。本稿では、脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血(SAH)とAM、SAH後の脳血管攣縮期に関連した低Na血症とAM、脳血管攣縮期の食欲低下とAMの関連性について記述した。さらに多くの動物実験、臨床研究を行うことによってSAHの病態とAMとの関連性を把握する必要がある。現時点では、SAHにおけるAMの存在意義として、”脳血管攣縮期の髄液AM濃度高値は、症候性脳血管攣縮の予測因子”とわれわれは考えている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。