USPSTF推奨のマンモグラフィ検診には40億ドルの費用削減効果がある:解説「偽陽性精査率・生検率の低い日本とは事情が異なる」

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】〈背景〉マンモグラフィ検診の頻度と開始年齢については論争がなされている。エビデンスは(現状よりも)頻度の低い検診を支持しており、提唱されている複数の検診方針間のコストの差をよく理解する必要がある。 〈目的〉2010年に米国において実施されたマンモグラフィ検診にかかった総費用を推定し、専門機関が推奨している方針に沿った検診にかかる費用と比較する。

カゴに追加 400 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】〈背景〉マンモグラフィ検診の頻度と開始年齢については論争がなされている。エビデンスは(現状よりも)頻度の低い検診を支持しており、提唱されている複数の検診方針間のコストの差をよく理解する必要がある。 〈目的〉2010年に米国において実施されたマンモグラフィ検診にかかった総費用を推定し、専門機関が推奨している方針に沿った検診にかかる費用と比較する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。