【集中治療を支える臨床工学技士の役割‐診療報酬の改定をふまえて‐】 看護師からみた集中治療室での臨床工学技士の役割 ‐保守点検,リスクマネジメント,教育,チーム医療‐

800円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】集中治療室におけるチーム医療の必要性は周知の通りである.臨床工学技士法が1987年に制定され,臨床工学技士は生命維持管理装置の操作ならびに保守点検をおもな業務としているが,当初は手術室や血液透析室に配置され,その所属も各診療科であった.以後,徐々に臨床工学技士の数は増加し,それに伴い配置場所も集中治療室へと広がり,その業務も拡大していった.近年では呼吸サポートチーム(RST)の一員としての院内活動も展開されている.以前,臨床工学技士の業務の多くは医師や看護師,業者が担っていたが,その役割は業務改善にとどまら (...)

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 800 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】集中治療室におけるチーム医療の必要性は周知の通りである.臨床工学技士法が1987年に制定され,臨床工学技士は生命維持管理装置の操作ならびに保守点検をおもな業務としているが,当初は手術室や血液透析室に配置され,その所属も各診療科であった.以後,徐々に臨床工学技士の数は増加し,それに伴い配置場所も集中治療室へと広がり,その業務も拡大していった.近年では呼吸サポートチーム(RST)の一員としての院内活動も展開されている.以前,臨床工学技士の業務の多くは医師や看護師,業者が担っていたが,その役割は業務改善にとどまら (...)

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧12冊の書籍

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。