パーキンソン病患者におけるロチゴチン貼付剤による皮膚反応とその前処置の必要性

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】新規ドパミンアゴニスト製剤であるロチゴチン貼付剤は、特徴的な血中濃度プロファイルを持ち、持続的ドパミン刺激を実践可能である。一方、貼付剤特有の問題として適用部位反応が挙げられる。保湿性外用剤による前処置は皮膚反応を軽減し得る可能性がある反面、日常臨床においては煩雑ともなり得る。今回、観察研究として、当院入院にてロチゴチン貼付剤を導入された21症例のパーキンソン病患者について、連日皮膚反応を記録した。1度でも皮膚反応を経験したのは18名(85.7%)と高頻度であったが、実際の発生率は8.7%と低頻度であり、程 (...)

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】新規ドパミンアゴニスト製剤であるロチゴチン貼付剤は、特徴的な血中濃度プロファイルを持ち、持続的ドパミン刺激を実践可能である。一方、貼付剤特有の問題として適用部位反応が挙げられる。保湿性外用剤による前処置は皮膚反応を軽減し得る可能性がある反面、日常臨床においては煩雑ともなり得る。今回、観察研究として、当院入院にてロチゴチン貼付剤を導入された21症例のパーキンソン病患者について、連日皮膚反応を記録した。1度でも皮膚反応を経験したのは18名(85.7%)と高頻度であったが、実際の発生率は8.7%と低頻度であり、程 (...)

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧9冊の書籍

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。