【抗血栓療法のリスクベネフィット】 抗血栓療法による頭蓋内出血のリスク増大

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント>[1]抗血栓療法は心血管病や虚血性脳血管障害の予防に有効であるが、頭蓋内出血リスクを増加させる。疫学的に日本人を含む東アジア人は欧米人に比べて頭蓋内出血が多く、特に注意を要する。[2]抗血小板薬ではクロピドグレル・シロスタゾールがアスピリンよりも頭蓋内出血のリスクが低い傾向にある。特に日本人はアスピリンによる頭蓋内出血のリスクが欧米人よりも高い。[3]ワルファリンは用量依存的に出血リスクを高めるため、PT-INRを至適範囲に保つ必要がある。新規抗凝固薬の頭蓋内出血リスクはワルファリンよりも (...)

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント>[1]抗血栓療法は心血管病や虚血性脳血管障害の予防に有効であるが、頭蓋内出血リスクを増加させる。疫学的に日本人を含む東アジア人は欧米人に比べて頭蓋内出血が多く、特に注意を要する。[2]抗血小板薬ではクロピドグレル・シロスタゾールがアスピリンよりも頭蓋内出血のリスクが低い傾向にある。特に日本人はアスピリンによる頭蓋内出血のリスクが欧米人よりも高い。[3]ワルファリンは用量依存的に出血リスクを高めるため、PT-INRを至適範囲に保つ必要がある。新規抗凝固薬の頭蓋内出血リスクはワルファリンよりも (...)

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。