書籍の詳細

鳥山明先生と出会い、少年は生きる希望を見つけた。小~中学校時代、不登校だった著者の実体験を基にした物語。学校へ行けない日々、「9人の先生」との出会いと別れを通じて、喜び、傷つきながら成長していく少年の姿を描きます。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

学校へ行けない僕と9人の先生のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    意外とさくさく読める
    著者の実体験を元にした、登校拒否の男の子の話です。
    290ページとボリュームがあったのですが、ドロドロしてなくて淡々と書かれていたので意外とさくさくと最後まで読めました。
    本編は普通に読んだのですが、最後の、先生目線のあとがき?でうるっときてしまいました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年06月04日