書籍の詳細

イラストレーターの七瀬涼介は、イラストを描くときには対象を見て、触って、ときには対象になりきらないと描くべきものが見えてこない。だから、人間を描く仕事はできるだけ避けてきた。それなのに、人物イラストの仕事を受けるはめに。ふとした勘違いから居候になった桐谷秀平がモデルを引き受けてくれたのだが……気がつくと、七瀬は秀平のことばかり考えるようになっていた。もう傷つきたくない──恋に臆病になった七瀬は気持ちを隠す決意をするのだが!?

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

イエナイコトバ 【イラスト付】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    残念ですね
    主人公(受)が鈍い設定なのですが、
    鈍いというより勘が非常に悪く、だんだん頭が悪いだけなんじゃないのか、と。
    ありていに言って、イライラしました。
    それから、伏線を張っているのでしょうが、…いや、全く伏線になっていないのでフラグですかね。
    フラグがこれでもかこれでもかと非常に分かりやすく立っていくので、退屈です。
    (そして頭悪い感じで全部ボキボキ折っていく。)
    つい穂波ゆきねさんのイラストに期待して買ってしまったけど、残念。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月22日