書籍の詳細

ある人は彼に焦がれ、ある人は彼の境遇を想って泣いていた。語り口や記憶、時間の流れや経験によって異なる「彼」の姿。新鋭・いがわうみこが、笑いと涙で贈る、ある男の物語――

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

11のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 11
    人間の「痛さ」を描かせたらピカイチのいがわうみこ真骨頂!! 物語は11の短編で綴られています。読み始めは、短編ギャグ漫画かと思う読者の方も多いと思うのですが、読んでいくと実はこれらが巧妙につながっていて、ギャグとは真逆のかなり重たいテーマを扱っていることに気づくかと思います。しかし、著者の持ち味である鋭い切り口と軽妙なギャグで読み応えはずっしりながら後味は清々しいです。ぜひ一読あれ!
    投稿日:2015年11月30日
  • 匿名希望
    救いのある話でした。(ただしPTSD注意。。。)
    いがわ先生の独特なテンポで、まさにジグゾーパズルのようなお話でした。
    短いエピソードが11個あり、最初は???でしたが、だんだん輪郭が見えてくると、もういろんな考えに侵食されてしまいます。そして最終話にキャラに語らせていましたが、最後まで読んだ後にもう一度読み返すと、また違った話に見えるから不思議です。

    いがわ先生の簡潔であり、きれい事ではない内容や、シニカルだけどどこか救いのある視点が好きです。
    現実世界の多くの春義君にも幸多かれ!と願います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年08月09日