書籍の詳細

女装男子の小篠景虎は、高齢紳士4人のシェアハウスに住み込みで働いている。まだまだ元気で頑固な住人たちと、女装でも中身がイマドキ男子な景虎は、世代間ギャップに戸惑いつつも、なんだかんだと、結構仲良く過ごしていた。だが、そんな関係にやがて変化が……!? ハートフル日常ストーリー完結! 表題作のほか「猫屋敷博士と助手」を収録。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

猫の手はかりない!のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 猫の手はかりない!
    見た目は女装でも中身はイマドキ男子の主人公・景虎と、爺ちゃん4人の共同生活ストーリーです。当然、世代間ギャップから色々起こりますが、徐々に心を通わせていく彼らの姿に、とても心が温まります。「地味そう…」と敬遠するなかれ! コミカルなやりとりにクスっと笑ったかと思えば、家族や、生きていくことに関する深い言葉にハッとしてしまう、素晴らしい作品なのです。かといって、押しつけがましい教訓などはありません。読んだ後はごく自然に、何気ない日常というものが愛おしく思えてきます。爺ちゃんたちは(心が?)イケメンですし、将来、こんな生活もいいかもな、という夢も描けます。優しい気持ちになりたいときに、おすすめです。
    投稿日:2015年11月30日