書籍の詳細

バイトにあぶれた大学生の一臣は、ある日駅前で「家族募集中」のボードを持って立っている若者を見つける。下心も手伝って、あどけなく可愛い・理玖に「俺が家族になってやる」といい、一臣と理玖の二人の同居が始まった。理玖の良さがわかるにつれ、ますます彼にひかれていく一臣。それを面白く思わない一臣の元恋人・優希がワナを仕かけてきて

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

孤独な天使が舞い降りる【書下ろし】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    あふれる情愛と、滲む慈しみに
     たどたどしい、何も知らない理玖を導いていく一臣。家族であろうとしながら、恋人でもいたい。その傲慢さが、理玖に変化を与えるきっかけとなるのでしょうか。
     当初は下心だけだった一臣も段々と理玖へと抱く気持ちの変容に気づき始めて……心の情動が丁寧に描かれています。後半、元彼女の暗躍があれですが……二人の幸せを願いたいですね。
     また、会話文主体の感じが強く、いくらか読みやすいと思うので、あまり小説に慣れていないけど、BL読みたい! っていう人にもおすすめできる作品かと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日