【完結済み】花井沢町公民館便り 1巻

ヤマシタトモコ

講談社

ジャンル:青年マンガ

500円 (税別)

5ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2015年03月23日

  • 完結
  • 紙と同時
  • 完結
  • 紙と同時

花井沢町公民館便り 1巻の内容

シリーズ書籍一覧 3冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

花井沢町公民館便り 1巻の詳細

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(4.0)

投稿日:2018年08月16日

静かに死にゆく町で暮らす人々を描いた作品

2055年の日本、とある事故によって外界と隔離されてしまった町を舞台に命を持つものは通り抜けられぬ透明な壁に囲まれた小さな町での人々の暮らしが描かれています。
約40年後の事故が発端となって描かれている作品ですが、生活様式など全体的な雰囲気は2018年現在とほぼ変わらないように見えるので近未来的な雰囲気やSF要素を求める方には少し合わないかもしれません。
様々な時代の話がランダムにオムニバス形式で進むので読みながら時系列を考察するのが好きな方は楽しめると思います。
初めて読んだときは何とも中途半端な結末であるかのように感じましたが、改めて3巻をじっくり読みなおした後に表紙を見て新たな発見があり、一応二人の物語の結果はちゃんと示されているのだと感じました。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。