書籍の詳細

紙の本が大好きな紙谷なほ子は念願の印刷会社に就職。社名はいぬにほん印刷。研修もなく、いきなり現場に配属され大わらわ。無責任納期で仕事を受ける営業、超暑がりの上司、長老と呼ばれるベテランらに囲まれて毎日残業中。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

いぬにほん印刷製版部のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • いぬにほん印刷製版部
    突然ですが、私、学生時代に印刷所でバイトをしておりました。気のいいおじさんと昼休みにサッカーなどして楽しい職場でしたが、いざ修羅場になると、「もう2日家に帰ってねえんだよ!」と営業と現場の言い争いも…。特に製版は職人中の職人部署。この漫画のいいところは、そんな職人部署に配属された大変さを主人公の新人・紙谷さんの前向きなキャラで笑いに変えてくれるところ。色指定が、「あの日見た秋の夕焼けの赤」ってセリフに固まる紙谷さんのシーンなど、笑いながらも若干反省しました。
    投稿日:2015年08月28日