書籍の詳細

家政婦のマーシーは、広告代理店を経営するアンドレアの屋敷で働いている。魅力的なアンドレアに心惹かれつつも、その想いを隠して仕事に励んでいた。そんなある日、アンドレアが驚くべき依頼をもちかけてきた。彼が作るコマーシャルに出演してほしいというのだ!地味でさえない私が、美しく着飾ってコマーシャルに出るなんて…。疑問に思いながらも、一方で淡い期待を抱かずにはいられなかった。だが迎えた撮影日、台本を見たマーシーは屈辱のあまり震えだした。

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

蝶になるときのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ちょっとがっかり
    ヒーローが軽薄すぎて好きになれない。イケメンだけどそれだけ。ヒロインがちょろすぎる。このヒーローのどこにそんなに好きになってしまう要素があるのだろうか。イケメンだけど!立ち読み50pはすごくワクワクしたから買ったのに、中盤ちょっとがっかり。ヒロインが作り置きしていった冷蔵庫の料理にラップくらいしてほしかった。Lol
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年07月09日