書籍の詳細

天才高校生・夏木勝幸の将来の夢。それはハーバード大学に留学し、経済界のスーパーエリートとして活躍すること。しかし、母親の良子の再婚をきっかけに、勝幸の「サクセス計画」は大きく揺らぎ出すことに…。自称小説家で収入ゼロの父親・荘介、大自然と限りなくお友達の弟・春。新たな家族となった彼らが、勝幸にもたらすものとは?時代を超えて輝き続けるパワフル・ヒューマン・コメディー、待望の文庫化!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

天才ファミリー・カンパニーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 『のだめカンタービレ』の二ノ宮知子先生の作品ですが、こちらは是非オススメしたい本です。が、1、2巻はちょっと期待外れに思ってしまうかもしれません。しかしそれは後半に向けての導入部ということで我慢していただきたく!出来れば全巻まとめて読んでいただくのをオススメいたします。後半に向けてぐんぐんと面白くなります!そして読み終わる数ページ前には「ああ、もう少し読みたいです。お願いします!」となります。天才高校生・夏木勝幸は母との二人暮らし。そこに母の再婚相手の父親・荘介とその息子が現れて4人暮らしと突然なります。戸惑う勝幸ですがそこから人生が少しずつ変わっていくのです。勝幸のクラスメートの女の子「永沢」や超天才児「アミィ」、謎の老人林(リン)などなど、サブキャラもかなりいいです。まさに「天才ファミリー」と思いました。。みんな、それぞれが、「天才」です。
    • 参考になった 11
    投稿日:2014年10月31日