書籍の詳細

「ヒョンなこと」のヒョンって何?平気なことを「へのかっぱ」と言うワケは?……など語源のオモシロ話が満載。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

この言葉の語源を言えますか?のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 日常生活の中で当たり前に使っている言葉、言い回しでも、その言葉の由来、語源となると曖昧な知識しか持っていないことが多いものです。つまり、その言葉がどうして、そのような意味となり、使い方がされるようになったのかは、実は知らずに使っているということになります。そうした具体例を集めて、それぞれの言葉、成句、慣用句の語源や由来を簡潔に解説した面白い本が出ました。書名はずばり『この言葉の語源を言えますか?』前置きはこのくらいにして、興味津々の語源探しを始めましょう。本書から抜き出した以下の10のテスト問題――語源や由来を説明できる言葉はいくつありますか? (1)「非常に簡単」という意味で使われる「へのかっぱ」、漢字で書けば「屁の河童」ですが、どうして「非常に簡単」ということを表す時に使われるようになったのでしょうか? (2)「嘘をつけ!証拠はあがっているんだッ」刑事ドラマの取調室で刑事が容疑者を追い詰めていく時の常套文句になっていますが、「嘘言うんじゃない」という気持を表すのにどうして「嘘をつけ」となるのか、由来を説明できますか? (3)「あいつは上司や先輩社員に対してもタメ口だからね」と使われる「ため口」。自分と同世代、同等の人に対する口のきき方というほどの意味ですが、いつ、どういう人たちが使い始めたのでしょうか? (4)「本日は晴天なり、本日は晴天なり」マイクテストの時の言葉です(最近、若い人はあまり使わなくなっているかもしれませんが)。このマイクテストの言葉はどこで生まれたのか、ご存知ですか? (5)想像もしなかったことから、思わぬ場面が展開することを「ひょんなことから」と言います。「棚からぼたもち」や「ひょうたんから駒」も同じような意味です。不幸な事態になってしまった時には「ひょんなことから」と表現するのは適切ではありません。語源・由来に関係するのですが、理由がわかりますか? (6) 未熟な人やとるにたりない者をののしる表現に「へなちょこ」があります。時代劇の中で、江戸の町人が「このへなちょこ野郎ッ!」と顔を真っ赤にしてののしる場面がよくありますが、実はこれ、時代考証的には「×」だそうです。なぜ「×」なのか、分かりますか? (7) 宴席に誰かが遅れてくると、「駆けつけ三杯」と言って、たて続けに酒を飲ませることがあります。みんなが気持ちよく酔っ払っている宴席に、素面(シラフ)の人が交じると、場がしらけてしまいますから、とにかく酒を三杯くらい一気に飲ませて、メンバー間の温度差を急いで揃えるのが正解、という理由(わけ)です。理屈に合いそうな説明になっていますが、この理解で間違いありませんか? (8)素性がわからず、付き合うに値しない人のことをたとえて言う時に「馬の骨」という言い方をします。「どこの馬の骨だか分からない男に大事な一人娘をやれるものか」という具合です。「馬の骨」というたとえはどこからきたのでしょうか? (9)「今度、真珠のネックレス買ってよ」「豚に真珠だろ」男女間などでよく冗談めかして使われる成句に「豚に真珠」があります。「価値の分からない輩(やから)には、貴重なものも役に立たない」という意味ですが、出典は意外なところにあります。分かりますか?   (10)「腐っても鯛」皆さんも一度は使ったことがある言い回しだと思います。「もともと値打ちの高いものは、多少条件が悪くなっても、その価値を失わない」という意味で、絶頂期を過ぎて輝きを失い始めていたベテラン選手が、代打逆転サヨナラホームランを打った時などに「腐っても鯛!」と言ったりします。意味は分かっている人でも、言葉の由来はどうでしょうか。ご存知ですか? ――いかがでしたか。気になる正解は、解説が実に面白く、簡潔にまとめられていますから、ぜひ本書をひもといてみてください。ここでは(1)の「へのかっぱ」だけ、答えを引用しておきます。〈「へのかっぱ」とは、いったい何のことだろうか? 文字通り、河童のおならのことなのだろうか? たしかに、「へのかっぱ」を漢字で書けば、「屁の河童」となる。しかし、こう書くのは、言葉がなまってからの当て字で、もともとは「木端(こっぱ)の火」といったのだ。「木端」とは、木の端くれのことで、「木端役人」「木端武士」などという言葉があるように、何の役にも立たないという意味がる。そして小さいだけに、簡単に火がつく。つまり「木端の火」とは、「木端に火をつけるように簡単だ」というところから、現在のような意味が生まれた。そしてそれがなまって、河童の屁→屁の河童となったのである〉本書を熟読すれば、あなたは今日から「日本語博士」。雑学を競う人気テレビ番組の「インテリ芸能人」と比べても遜色ないどころか、「月とすっぽん」と言えるかもしれません。(2012/9/14)
    • 参考になった 2
    投稿日:2012年09月14日