書籍の詳細

家柄が重んじられる歌舞伎界において、名門の御曹司として生まれたにも関わらず、実力のない恭之助。歌舞伎とは無縁の家に生まれながら、実力のみで最底辺から成り上がろうとする一弥。正反対の2人の男が、なんの因果か同じ女の子・あやめに恋をしたのが物語の始まり。歌舞伎を愛するあやめに好かれたい恭之助は、コネなんかいらないから実力が欲しいと悔し涙を流す。あやめの目の前で主役を張りたい一弥は、名門の養子になろうと…?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ぴんとこなのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ぴんとこな
    あまり注目を浴びていないジャンルにスポットライトを当ててヒットした作品は、過去にもいくつかありますが、この作品も「歌舞伎」という、知っているようで意外と知らないジャンルを題材にして大ヒットしている作品です。この手の作品がうける上で特に重要なのは、「絵の表現力」と「キャラの魅力」だと思いますが、この作品ではそれらが十分に発揮され、歌舞伎に全く興味がない人も歌舞伎ファンになってしまうほどの、力のある作品だと思います。
    投稿日:2013年07月26日
  • TBSテレビ7月クールの木曜ドラマにも決定し、ノリに乗っている【ぴんとこな】。この枠は「花より男子」「美男ですね」などのTBSドラマ〝イケメンシリーズ"で有名で、ついに歌舞伎界のイケメンver.でドラマ化です。とっても楽しみです。ええ。御曹司役はKis-My-Ft2の玉森君らしいですよ~。ドラマ情報ばかりになってしまいましたが、歌舞伎の世界を少女マンガでわかりやすく描かれており、歌舞伎世界を知るにはすごく読みやすい作品だと思います!かつ……ちゃんと、恋愛要素あり、青春要素あり、萌え要素もあり、でございます。ちなみに、「ぴんとこな」とは、歌舞伎用語で「男らしさと憎みきれない色気を併せ持つ二枚目の役柄」を意味しているそうです。うーん深い。
    • 参考になった 7
    投稿日:2013年06月07日