書籍の詳細

グレアムの孤立を一層深めた雪山事件。その憂鬱な4年間を清算しようと、彼は二度とクレーマー家に戻らぬつもりで、かつての被害者の義妹フェル・ブラウンに会いに行く。からっぽの部屋にアンジーへあてた封筒を残して…。――グレアムが死んでしまう…!?手紙から漂う暗い予感が、アンジーの胸を鋭くつき刺す。少年たちの孤独な魂はどこかへ帰り着くことを許されないまま終わるのか?読み継がれる名作の堂々完結篇!

総合評価
5.0 レビュー総数:3件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

はみだしっ子のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 愛を求める少年達の純粋な物語
    親に捨てられ、集まったグレアム、アンジー、マックス、サーニンの4人の少年が行く先を転々としながら愛を探すお話。
    とは言っても恋愛というよりは、表現しにくいのですが包み込むような純粋な愛。親の愛のようなものを求めているように見えました。
    4人は色んな事があって衝突もしますが、ついては離れの距離で友情や兄弟のような関係で、見ていてハラハラしたり、和んだりと飽きません。
    衝撃的な事件や、4人が出会った背景にあるエピソードは残酷なものですが、そのエピソードあってこその笑いや葛藤があります。
    一巻一巻が400ページを超えるボリュームで、じっくりと楽しめました。
    こんなに素晴らしい漫画が読めてとても嬉しかったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年11月26日
  • 匿名希望
    はじめてハマった漫画
    小学5年生くらいの時に、はみだしっ子を雑誌で見て、難しそうだな…と感じ、その時は敬遠していました。中学生になって不思議と気になり、絵の見やすく感じた「カッコーの鳴く森」から読み始め、ハマりにハマりました。文字が一面書いてある漫画も初めてなら、辞書を引きながら、どーしても「意味を理解したい!」と読んだ漫画も初めてでした。今でも登場人物は何を考えてこんな言動をしたのか、作者の意図は私の理解と違うのではないか…と考えることがあります。作者の漫画は全部持っていますが、本当に稀有な漫画家だったと思います。自分の息子が中学生になった今、理解できるとは思わないけど、読ませて感想を聞いてみたいです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年03月27日
  • 匿名希望
    はじめてハマった漫画
    この作品で私自身が形づくられていると言ってもよいほど、何度も何度も読み、心に染み込み、考え方や物事の捉え方に影響を与えた作品です。
    内容が深く、何度読んでも読んでも飽きなかった…
    登場人物たちと同年代だった私も子供だったけど、彼らと同様にこの世界に違和感を持ち、屈折した思いがありました。
    それを彼らは代弁してくれていた気がします。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月23日