書籍の詳細

飛び降りの現場に偶然居合わせた男とのほんの少しの時間が、彼女の“何か”を動かす。……「太陽のイヂワル」/ヒトの“賞味期限”を決めるのは誰?私の価値を決めるのは誰?……「ヒトノ賞味期限」/人は見かけで9割決まる。完璧に武装するキャリアウーマンの心の闇は……「奇妙な遺伝子」/自分の好きな色で好きなように絵が描きたかった沙里(さり)だけど……「虹色のヒラメ」――抱きしめたら苦い味がした。4人の女性の4つの青春譜。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

太陽のイヂワル 惣領冬実傑作短編集のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 惣領冬実さんは少女漫画誌でヒット作がたくさんありますが、『ES』とか『チェーザレ 破壊の創造者』などなど、「モーニング」を読んでいる方にはお馴染みですよね。この華麗な絵。記憶力のまったくない私ですが、この短編集に収録されている作品、どれも読んだ記憶があります。どれもトラウマティックな部分をはらんでいるからでしょうか。美しいものとドス黒いものがちらほら見え隠れするような。はたから見ればごく普通の日常風景でありながら、当事者はサイコな中にいる・・・っていう世界観でしょうか。好きな方はすごくハマると思います。 (2012/08/28)
    • 参考になった 1
    投稿日:2012年08月28日