書籍の詳細

日本企業にとってグローバル化はもう避けられない経営課題になりました。事業をグローバルに展開していくためには、世界の企業が、どういう方向性を考えているかを知らなくてはなりません。ITについてはさらに、それが欧米発であることが加わるため、よりグローバルな考え方から把握する必要があります。本書では、クラウドコンピューティングとGRC(Governance、RiskManagement、Compliance)といった最新ITや企業統治の仕組みが、グローバルにはどのような背景から誕生し、どんな領域で利用しようとされているのかなどについて、日本と海外の考え方の違いから読み解いていきます。事業/社会とITの距離が縮まる中で本書は、ITに直接携わる人はもとより、直接/間接にITを利用している人々にとっても、IT化が進む世の中を理解するのに有用です。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

2020年を見据えたグローバル企業のIT戦略 ~クラウド、GRC編~のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 就活に便利~IT業界、コンサル、外資
    クラウドを知りたくて購入した。基本的なことから応用編まで幅広い。GRCについては、比喩が分かりよくて素人だけでなく、専門家でも使えると思う。就活での面接で聞かれそうな内容がたくさん入っており、大学生にもお薦め。IT業界やコンサルタントになりたい人、外資企業について知りたい人は必読かも。転職を考えている知人の紹介で読んでみたが、値段分の価値は十二分にあった。
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年03月14日