書籍の詳細

プロカメラマンを目指す少年・大野ゆたかが、カメラテクニックを学びながら人間的にも成長していく青春学園コメディ。兄貴分の園田にアドバイスされて望遠レンズを手に入れたゆたかは、新聞部の写真ニュースで学校のアイドル教師・五月あやめの知られざる私生活を隠し撮りすることに。そしてあやめの意外な姿を撮影するのに成功したゆたかだったが……!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ズーム・アップのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 社会人になり、まとまったお金がもらえるようになってからの大きな買物のひとつにデジタル一眼レフカメラがあります。中級機の標準ズームのレンズキットでした。購入してからというもの出かける際には必ず持ち歩くようになりました。もちろん携帯性を考えればコンデジの方がよいのですが、やはりファインダーで見たままの風景を切り取ることができる一眼レフカメラの方が「写真を撮っている」ということをより深く実感できるような気がします。レンズが交換できるのも魅力ですね。もちろんレンズの購入にあたっては財布と相談しなければならないのですが。報道カメラマンの父を持つ少年が、父の弟子である義理の兄に教えを乞いながら、一人の人間として成長していく本作「ズーム・アップ」。1970年代後半から80年代にかけて連載された作品ですが、作中で紹介されている撮影技術等はカメラがデジタル化した現在でも非常に参考になります。むしろフィルムカメラが欲しくなるくらいです。それはそうと、2012年にコダックが破産法を申請したというニュースには衝撃を受けました。時代の流れを直視した感覚でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2013年02月12日