書籍の詳細

転校生の伊藤ゆずちゃんは不安でいっぱい。1人で心細いゆずちゃんに声をかけてくれ心優しいあきちゃんとうきっぺ。「友達ができた!」と喜んだゆずちゃんだったが、この2人がなかなかの曲者で……!? ちょっぴりおませな小学生のキュートでおバカな日常コメディ。※電子特典は紙出版時に制作した特典カラーイラストと同一のものです

総合評価
3.5 レビュー総数:2件
評価内訳

りとる・けいおすのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    面白いけど好き嫌いはハッキリ分かれそう。
    デフォルメ強めのキャラクターがガンガン毒の強いギャグをぶちかまします。
    ノリ的にはSouth Parkが少し近いかも?
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月17日
  • それ混沌違ゃうから(-_-;)
    まぁ、毒分濃い作品ですね。
    あんまりにもサイトの広告欄に「あそびあそばせ」が出てくるのでこっちを立ち読みレビュー(-_-;)。
    題名が「小さな(児童の)混沌」って事になってるけど、
    内容はカワイイじゃ済まされないモノが多いし、そもそも混沌でも無い・・・・
    他の作品でも言ったけどこの子ら「中身が深刻なオヤジ」ですわ(-_-;)。
    ンで、
    基本デフォルメキャラなんだけど時々リアルタッチになっちゃうんですね、
    キツイ毒吐きながら・・・・・
    あ、
    伊武雅刀氏の「子供達を責めないで」を思い出した・・・・・・
    気分屋で出来心で動いて甘やかすとつけあがりほったらかすと悪のりする・・・・・
    (ちなみに詞はあの秋元康氏(-_-;)
    悪ノリの挙げ句自業自得なシーンも多々ありますがそのぐらいしか笑えない・・・・
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月06日