書籍の詳細

上司の国富へ密かに想いを寄せる岡田は、告げられない気もちを妄想の中で消化する日々を送っていた。ある日、岡田は他部署の加賀谷に国富への想いを見抜かれてしまう。「男とやったことないの?」と加賀谷は岡田を誘い、上司の代わりにすればいいと突然キスしてきて…。現実の感覚に触れて、おさえていた願望を引きずりだされた岡田は――。心を揺さぶるオフィスラブ☆

総合評価
5.0 レビュー総数:3件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

運がいいとか悪いとかのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    後を引く読後感
    単純に割り切れない結末が読後に後を引きます。王道ハッピーエンドも好きですが、こういうエンドは円満なラブラブよりもはるかに複雑な感情が残りますね。岡田君は、このまま加賀屋君と信頼を深めていいパートナーになって、国富さんとのことは美しい思い出としていつまでも心に秘めて欲しい気もするし、反面もっとフラフラして転勤先の国富さんと焼け木杭に火が着いて(?) 加賀屋君との泥沼三角関係を展開して欲しい気もするし...いずれにしても、後日談が読みたい、いくつもの可能性がある(いい意味で)終わっていないストーリーだと思います。続編は描かれないでしょうけど、その後の展開を読んでみたい...!
    • 参考になった 6
    投稿日:2014年07月22日
  • 匿名希望
    当て馬スキーな方にぜひ!
    タイトルを見た時にはさだまさしか!と思い、実際に読んでみると、魅力的なキャラクターたちの三角関係にどきどきさせられました。
    何よりも主人公が割り切ろうとして割り切れない切ない感じとか、上司がかっこよすぎるとか、それでも加賀谷がんばれと思わせる魅力とか、まさにタイトル通り人生の転換点ってあるよねというお話でした。大好きです!
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年04月25日
  • 匿名希望
    絶妙な三角関係萌え
    岡田と加賀谷もいいですが、上司の国富さんが格好よくてすてきでした。
    それぞれの登場人物が魅力ある作品です。別視点の再度ストーリーとか見てみたかったです…
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年04月21日